IASS 2016 TOKYO ロゴコンペ

結果発表

 9月30日に締め切りましたIASS2016 TOKYOのロゴコンペには16作品の応募があり,組織委員会メンバーによる厳正な審査の結果,下記の3作品が最優秀作品および優秀作品として選ばれました。ここに,ご報告いたします。

 ご応募くださったみなさん,ありがとうございました。

 

・最優秀作品 1点

 

 加藤潤一さん(大阪市立大学・D3)

 

 

 授賞式の様子
 (左から,川口健一組織委員会委員長,加藤潤一さん)

 

 

・優秀作品 2点

 

 里中拓矢さん(鹿児島大学・M1)

 

 

 

 城戸江梨奈さん(近畿大学・B4)

 

 

募集内容

 IASS(シェルと空間構造に関する国際会議)は1959年に高名な構造エンジニアであるエドゥアルド・トロハを会長として設立されました。IASSは、デザインと解析、設計と建設において、質の高い技術と思想の開拓、情報交換を行うことで国際的な架け橋となることを目指して、50年以上にわたって活動を続けてきました。その活動は特に、シェルやスペースフレーム、膜構造や張力構造などの軽量空間構造の分野にベースを置いています。

 

 IASSは毎年、年次大会を開催しています。日本では1971年、1986年、2001年と15年おきに主催国を務めており、2016年にも年次大会を東京で主催することになりました。2016年の東京大会に向けて様々な準備事業を行うことによって、日本の建築や構造技術関係者に、技術と知識と思想を向上していく機会を与え、より豊かで美しく安全な建築や大規模施設の実現のためのインパクトを与えられたら幸いと考えています。

 

 この国際会議のシンボルとなるロゴのデザインを募集します。奮って応募してください。

 

IASS2016組織委員会委員長 東京大学教授 川口健一

 

参加資格

 日本国内で建築を学ぶ学生であればどなたでも応募できます。

 

 最優秀作品 賞金5万円,優秀作品2点 各賞金2万円

 

応募期間

 2014年8月1日~2014年8月31日 9月30日

 (提出先電子メールアドレスの不具合があり,十分な告知期間と受付期間をとれませんでしたので,募集期間を1ヶ月延長し9月末締切とすることとしました。)

 

作品形式

 応募データ形式は、Illustratorデータ(.aiまたは.eps)と、内容確認用データ(pdf)の2点とします。ファイル名は半角英数で、ファイル形式は.aiまたは.epsで保存してください。応募データの総データサイズは3MB以内で作成下さい。

 

応募方法

 下記応募先に電子メールでお送りください。その際、氏名(ふりがな)、性別、年齢、学校名および学年、電話番号、電子メールアドレスを加えてください。主催者側で応募作品を受領次第、受領確認の電子メールを返信します。
(受領確認の電子メールが発送後1週間以上ない場合は未達と考えてください。)

 

審査

 IASS2016組織委員会メンバー(実行委員会+出版広報委員会)により厳正に審査することとします。

 

結果発表

 2014年9月10月下旬に受賞された方に通知するとともに、本ウェブサイト上で公開します。

 

著作権の扱い

 最優秀に選ばれた作品については、応募作品の国内外での特許、実用新案、意匠、商標、著作権(著作権法第27条及び第28条所定の権利を含む)に関する全ての権利は主催者に帰属するものとします。また、応募者は応募作品に関し著作者人格権を行使しないものとします。

 

応募先・お問い合わせ先

 メールアドレス:logo@iass2016.jp

 ウェブサイト:http://iass2016.jp

[後援学協会]

日本建築学会

日本建築構造技術者協会

日本鋼構造協会

日本膜構造協会


[後援企業等]

旭硝子株式会社

株式会社 梓設計

株式会社 飯島建築事務所

オイレス工業株式会社

岡部株式会社

金箱構造設計事務所

協立工業株式会社

株式会社 構造計画研究所

株式会社 佐藤型鋼製作所

神鋼鋼線工業株式会社

総合資格学院

大成建設株式会社

太陽工業株式会社

中興化成工業株式会社

ニチアス株式会社

株式会社 日建設計

株式会社 日本設計

前田建設工業株式会社 構造設計部

マグ・イゾベール株式会社

株式会社 山下設計

(五十音順・敬称略)


[助成団体]

公益財団法人 大林財団

公益財団法人 能村膜構造技術振興財団

公益財団法人 前田記念工学振興財団

(五十音順・敬称略)